猿をかついで、背負い投げ。   - nobuaki blog - 

タフでタイトな世界をおかしくおろかしく駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さらに倍

稽古場の掃除と片づけをする。
ヤスと板谷も一緒。
稽古場の積年のいらないものやゴミ処理、そして整理。
これから「フラワー」の連日稽古になるから整理整理。
生きてる分だけゴミもでる!

外で紙や布を燃していたら、激しく怒られる。
「何でこんなとこでやってるんだ、無神経じゃないか」と。
怒られた、怒られた。
怒鳴られて、謝って、片付けて、泥まみれで、仁王立ちされて。
怒られてるときの、怒られてるが側の心理は、『ああどうすればこのひとのいかりをしずめられるかな』、の一点なんだとわかった。
そういえば幼い頃に親に叱られたときもそうだった気がする。
うん、悪かったなと反省するのは、その後ひとり静に落ち着いてからだった。
でも、「こっちも言いすぎたけど~」とノーサイド。
とてもいい人なのだ。

そんなんでなかなか大変で予定が大幅に狂う。

でも、いろいろ処理して、楽しみにしていた桟敷童子の公演に森下へ向かう。
敬愛する外山の姉御が出ておられる。
やった~桟敷童子!
参っちゃうな~、今回もやっぱり、ああ、ああ、あああ、おもしれ~。
あれはアングラじゃなく、エンタメに俺には見える。
実写の宮崎駿だよ。板垣さんは、ナウシカに見えたジョ。
いいよ、楽しいんだよ、桟敷童子は。
お腹いっぱいでした!ビバ!

そのあと高澤とい~ぱい飲む。
絡んだり、語ったり楽しかったが、朝は後悔。
ま、酒はいつもそういうもの。
朝、曇った頭で「はらたいら死去」を知る。
そういうものだろうが、かなしいな。
ドン!さらに倍!20、18、4、6、18。

DSC00040.jpg

関係ないけど「はなの舞」。澤君らとここで年間40万くらい使います。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/12(日) 02:01:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenkainov.blog41.fc2.com/tb.php/69-c98446f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。