猿をかついで、背負い投げ。   - nobuaki blog - 

タフでタイトな世界をおかしくおろかしく駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇団展開回路は千葉の市川市に小さな稽古場があります。
(いつでも遊びに来てください。)

今回「こっけいの山」の稽古は、多くの役者さんやスタッフさんを迎えたため、都内の稽古場も珍しく使っています。
千葉は(やっぱり)皆さんには不便ですから。

先週の土曜日から、中野の劇場MOMOさんの稽古場をお借りして稽古しています。
なんだか不思議です。
MOMOとポケットという素敵な劇場に毎日通っています。
我々がいるのは劇場ではなくて稽古場ですが、やはり毎日劇場に来ているような高揚感があります。

芝居をする人ならわかると思いますが、本番前の劇場はいいものです。
例えば平日夜の7時くらいから本番があると、3時くらいから集合で、昨日の疲れを引きずりながら、ちょっと早めの1時くらいに劇場に入ります。
劇場には独特のにおいがあります。
がらんとした客席と、まだなんの準備もない舞台。
客席から舞台を見ると夕べここで本番があり、今夜ここで本番があることが嘘のように思えます。
本番中ということで、自分へのご褒美で買ったスタバのコーヒーを片手に、客席でぐったりとしながら昨日の本番のことを反芻します。
早く準備やら昨日の反省の稽古をしなければという気持ちと、迫り来る本番の緊張と、積もり積もった疲れの中でゆるゆるする時間は演劇をやった者に与えられた絶妙なひとときです。

劇場の敷地内で稽古するというのは、なんだかそんな劇場特有の空気が稽古場まで漂ってくるようでいいものです。
楽しさも疲れもいつも以上に際立ってきます。
今日も稽古しました。
これからまだいろいろあるだろうけれど、いいカンパニーです。

感謝。



 どうぞ「こっけいの山」を観に来てください。

 劇団展開回路2006「こっけいの山」
 7月28日(金)~30日(日) しもきた空間リバティ
 
 出演 
 吉田育代 高澤靖宏 太田大輔 伊藤彰浩 森由果 廣井大輔 
 松尾健太朗 清水悠索 山下愛美 三浦麻希 井上勝実 
 前澤航也(劇団レトロノート) 石田雄生 三原一太(はらぺこペンギン) 
 瀬戸口竜ノ介(伊トウ本式) 
 
 7月28日(金) 19:30開演
 7月29日(土) 14:00開演  19:00開演
 7月30日(日) 13:00開演  18:00開演
 前売・予約2200円  当日2400円  中高生1500円
 
 ホームページからご予約できます。
 http://tenkaikairo.yon.to/

 ご来場をお待ちしております。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/19(水) 01:01:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenkainov.blog41.fc2.com/tb.php/25-846906bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。