猿をかついで、背負い投げ。   - nobuaki blog - 

タフでタイトな世界をおかしくおろかしく駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨今

自己中心的で、虚飾性があるという適性を受けながら教習を受けている。
満開の桜を見るゆとりもなく、駐車車輌に冷や汗を流しながら車を走らせる。
まさか自分が免許を取るなんて。
優しい教官は運転しやすく、厳然たる教官だと萎縮する。
なんと卑小な自己だこと。
春だから何か音楽が聴きたいと借りに行くが、何となくピンと来ない。
だから今でも木村カエラの雪の歌を繰り返し聴いている。
「働きマン」と「嫌われ松子」が面白かった。
修了検定であがりまくっていた自分はもっと面白かっただろうな。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/07(土) 23:10:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenkainov.blog41.fc2.com/tb.php/108-2e2b6e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。